合法的な残業代削減対策

中小企業のための合法的な残業代削減対策

労働基準監督署による臨検監督(立ち入り調査)の結果、多くの企業で法令違反として是正勧告の対象となっているのが「時間外労働に対する割増賃金不払い」の問題です。

国は毎年6月と11月を重点月間として、集中的に指導にあたっています。

この問題は事前の対策によって、そのリスクを軽減できますが、仮に放置していれば企業経営に大きなダメージを与える問題です。

「合法的な残業代削減対策」トップへ戻る