中小企業の教育研修・概論

中小企業の教育研修・概論† 中小企業にこそ欲しい「育成・教育」という投資

現在「人」を取り巻く環境が大きく変化しています。
「リーマンショック」「東日本大震災」による景気低迷の中、当然これまでの「人」に対する投資の方法を見直し、新たな方法を採用して行かなければ、会社は生き残れません。
それでは、中小企業にふさわしい、新たな「人」に対する投資方法とは、一体どのようなものでしょうか?
現在、景気の低迷による就職困難者が大量に発生していますが、一方では中小企業に「優秀な人材」が集まりにくい現状があります。
例えば、新卒採用を考えれば、いくつも内定を貰える学生がいる一方、全く内定を貰えない学生がいます。内定を貰えない学生が全て優秀でないとは言いませんが、そのような学生でも留年して就職浪人する人がいます。
そこには、様々な要因が影響していますが、大きく捉えると次のような社会・人々の変化が考えられます。

<いままで>人手不足=即採用<これから>今いる人のモチベーションを上げる組織を活性化させる

特に「東日本大震災」という未曾有の大災害により、人々の考えや行動が安定志向になることは容易に想像が付きます。そのため、しばらくの間は、中小企業にとって、「優秀な人材」が採りにくい状況が続く可能性があると思われます。このような変化の中、中小企業が「人」に対して採るべき行動も当然変えていかなければなりません。
例えば、それは次のようなことが考えられます。

<いままで>人手不足=即採用<これから>今いる人のモチベーションを上げる組織を活性化させる

このように、中小企業に「優秀な人材」が集まりにくい現状がある以上、今いる社員を育成・教育し、「優秀な人材」にしていくことが求められるのではないでしょうか?
すなわち、「育成・教育」といった投資方法を推し進めて行くことが、これからの中小企業にとって欠かせなくなると思います。

会社の社員のタイプ別分類はこちらをクリック!

「中小企業の教育研修・概論」トップへ戻る