管理職(リーダー)の行動力UP研修

管理職(リーダー)の行動力UP研修1. 管理職(リーダー)の3つの役割とは?

管理職(リーダー)は、会社の業績を向上させる原動力とならなければなりません。
これからの時代、管理職(リーダー)がその役割を正しく認識し、自らの職責を全うできない会社は生き残れないでしょう。
それでは、管理職(リーダー)の役割とは何でしょうか?
管理職(リーダー)の役割には、次の3つがあります。

①「より高い業績・成果を上げる」

中小企業の管理職(リーダー)は、ほとんどがプレイング・マネージャーです。
プレイング・マネージャーは、プレイヤーとして常に高い目標にチャレンジする必要があります。この場合、売上・収益・コストだけではなく、業務品質にも目を配らなければなりません。

②「部下や後輩を指導・育成する」

管理職(リーダー)のマネジメント能力の中で、最も重要なのがヒトに対するものです。つまり、部下や後輩の指導・育成ができない管理職(リーダー)は失格と言えます。その観点から言えば、自分自身が①「より高い業績・成果を上げる」のは当り前で、部下や後輩にやる気を出させ、部下や後輩の業務レベルを上げていくことで初めて、管理職(リーダー)の役割を果たしたと言えます。すなわち、部下や後輩に①を達成させることも、管理職(リーダー)の重要な役割です。

③「より質の高い役割を目指し、自分自身を高める」

部下や後輩を指導・育成する際のポイントは、「あの人なら…」と部下や後輩に思わせることにあります。そのためには常に自分自身を磨き、上司先輩として尊敬される存在であることが何よりも重要です。
管理職(リーダー)の行動力UP研修では、このような3つの役割を踏まえ、それらを実現するために必要となる事項をチェック致します。

管理職(リーダー)行動力UP研修の資料が欲しい人はこちらをクリック!

管理職(リーダー)の行動力UP研修2. 管理職(リーダー)の行動力UP研修とは?

管理職(リーダー)の行動力UP研修② 管理職(リーダー)の行動力UP研修とは?

会社や若手社員を引っ張っていく存在である管理職(リーダー)が、その果たすべき役割や取るべき行動を理解していない…。
そんなお悩みをお抱えではありませんか?
「管理職(リーダー)の行動力UP研修」は、管理職(リーダー)に自分の役割を再認識させ、行動の改善を促すことを目的にしています。
研修は、大きく分けて次の3つのカリキュラムにて構成されます。

1.導入研修(1泊2日)

  • リーダーとしての果たすべき役割を認識する
  • 会社の抱える課題を、自分自身が取り組むべき改善計画
    に落とし込む
  • 自分自身の行動改善目標を設定する

2.通信研修(3~6ヶ月)

  • 通信レポートの提出(添削後、返却)
  • 読書(指定図書より月最低2冊)
  • 他者の取り組み状況の共有(振り返りレポート通信の提供)
  • 360°評価アンケートの実施(どう変わったかを周囲評価してもらう)

3.完成研修(1日)

  • 360°評価アンケートのフィードバック
  • 自分自身の行動改善目標の振り返り
  • 新しい行動改善目標の設定

中小企業の教育研修で最も大切なことは、身に付けたことを「習慣化」させることにあるため、単発の研修で終わることなく、最低半年にわたる継続的な研修となります。

管理職(リーダー)行動力UP研修の資料が欲しい人はこちらをクリック!

管理職(リーダー)の行動力UP研修の資料プレゼント

14頁からなる管理職(リーダー)の行動力UP研修の資料をプレゼントします。お問合せフォームに研修資料プレゼント希望とご記入下さい。

資料プレゼントに申し込む

※ 同業者(社会保険労務士、人事コンサルタント等)の方は申し訳ありませんがお断り致します。

その他、研修に関するご相談等もお気軽にお問合せ下さい。