社員と共に考えて作る就業規則

2.就業規則=人事・労務制度の具現化

中小企業の陥りやすい失敗例として、「届出のための就業規則」を作ってしまうことがあげられます。

先ほどの会社の実態に合った就業規則が必要という話にも関連しますが、就業規則の本来の目的はその会社の労働時間制度や給与制度、福利厚生制度といった人事・労務制度の具現化にあります。

つまり、就業規則とは本来、その会社の人事・労務に関するルールを文章化したものでなければならないはずです。この場合、もしそのルールに該当しないような内容が記載されていたら、会社にとってマイナスの要因として働く可能性もあります。

最初に述べたような、単に「届出を目的とした就業規則」を作った場合に、このような問題が発生しやすいので注意が必要です。

したがって、それぞれの会社が
まず自社の人事・労務制度を把握し、見直しが必要な箇所があれば、
それらの改善策を就業規則に落し込むという姿勢が重要です!

「社員と共に考えて作る就業規則」トップへ戻る